世界を広げる一本

  • 世界を広げる一本 はコメントを受け付けていません。




ようこそ、日本酒の深淵へ・・・


こんにちは、Kです。


中二病っぽく始めてみましたが、
ここに来たあなたはもう立派に日本酒病に
侵されているかと思います。

おめでとうございます。

そしてようこそ、素晴らしき日本酒の世界へ。


ここでは日本酒をさらに味わってもらうため、
より深い世界に踏み込んだ、
若干マニアックなものを紹介しています。

初心者の方がこのお酒を飲もうとするのは
若干ハードルが高いかもしれませんが、
ハマる人は麻薬のごとくハマります。


お酒は程々に。


いやマジで。


それくらいおいしいものを紹介しますので、
ぜひ買って味わってみてください。


なお、今回のお酒はランキング形式にできるような
生易しい代物ではないので、
部門別で紹介していきたいと思います。


※もし普通においしいお酒を飲みたい場合は
こちらこちらをどうぞ。


それでは行きましょう。



 濁り部門  金鼓 濁酒


金鼓濁酒

これは本当に日本酒なのか、と本気で疑いたくなるにごり酒です。おかゆと偽って出されてもわからない様はまさに「食べる日本酒」と形容すべき1本だと思います。

でも私はかなり好き。特にガスが抜けてからが格別です。

⇒ 濁酒を飲んでみる

 


 危険な酒部門  鬼山間


SONY DSC
ラベルからして危険な雰囲気が漂うこのお酒ですが、個人的には1番うまい酒ランキングに入れようか迷ったくらい好きなお酒です。

アルコール度数21度。本醸造とは思えないほどの重厚な味わい。なのにキレがあってスルスル飲める。酔っぱらう。へべれけ。一度は飲んでほしい日本酒です。

⇒ 鬼山間を飲んでみる



 微発砲部門  風の森


風の森
微発砲酒の先駆け的存在である風の森。今でこそ微発砲の日本酒を出す酒蔵は多いですが、ここの酒はなぜか全部発砲しています。なかなかチャレンジャー。

あ、でも味は普通においしいですよ。ぴちぴちします。夏向け。

⇒ 風の森を飲んでみる




 スイーツ部門  村祐


村祐
「和三盆」と形容されるこのお酒。とにかく甘い。デザートです。

私は甘すぎるお酒は好みではないので、個人的にはあまりオススメしたくないのですが、それを乗り越えるほどのインパクトはあります。日本酒の世界が一気に広がること請け合い。ぜひ一度飲んでみてください。

⇒ 村祐を飲んでみる(プレミアの可能性有)



 熟成部門  秋鹿 古酒


秋鹿
色からしておかしいこのお酒。腐ってないか疑いたくなりますが、歴としたおいしい日本酒です。

熟成の影響か、口に含んだ瞬間ワインのような酸味と香りが広がります。始めて飲んだときは衝撃でした。ちなみに友達にワインだと偽って飲ませたら気づきませんでした。


⇒ 秋鹿を飲んでみる






 メロン部門  正雪 無量寿 大吟醸


正雪
「うわ、メロンだ!」飲んだとき思わず叫びました。味だけでなく、香り、口当たりまでメロン。何だこれはと本気で思いましたが、しかし残念なことに(?)うまいのです。

淡白な塩系のおつまみとセットでどうぞ。たまらんっす。


⇒ 正雪を飲んでみる







 ウイスキー部門  達磨正宗 古酒



色、香り、味、どれをとってもウイスキー。

秋鹿と同じ古酒ですが、熟成が違うのか、酒質的なものなのか。日本酒って本当に奥が深いなあ、そう思わせてくれる逸品です。

古ければ古いほどウイスキーっぽさが増しますが、値段も跳ね上がるので「10年古酒」くらいが入り口としてはオススメです。贈答用にしてもおもしろいですよ。

⇒ 達磨正宗を飲んでみる







以上、日本酒の深淵をお送りしてきました。


どうだったしょうか。


これらのお酒を飲んだらあなたも立派なマニアです。


この辺は一見キワモノ系に見えますけど、
私は年に1本は買っています。

普通にうまいですよ。

もちろん好みは分かれますが、
ハマれば普通の日本酒よりも好きだと感じる人は
多いのではないかと思います。


いずれにせよ世界を広げてくれる一本ですので
一度は飲んで損はないかなと思います。


個人的なオススメは鬼と濁り、メロンかなー。


それではまた。

ありがとうございました!







この記事を読んだ人はこちらも読んでいるようです




  • 世界を広げる一本 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。